長澤知之@恵比寿リキッドルーム

2017年4月24日、恵比寿リキッドルームで行われた長澤知之の10周年(!!)記念ライブに行ってきました。

タイトル
「-10th Anniversary Anthology- Nagasawa Tomoyuki Band Tour ‘Kumo No Ito’ 2017」

かなり久しぶりのバンドツアーで、大阪、福岡と廻り、東京がファイナル公演でした。

1月21日に鶯谷で行われたGiftedの弾き語りでこのライブが発表された時、非常に騒然としたのは、バンドメンバーがなんと!初期の素晴らしい面々を迎えるという事で、私も思わず叫んでしまったほど楽しみに。

G・松江潤 B・須藤俊明 Dr・秋山タカヒコ Key・山本健太

キーボードの山本健太さんは初めてでしたが、松江さん、須藤さん、秋山さんの鉄壁とも言える長澤知之バンド、早くこの日が来ないかとワクワクしながら待っていました。

そしてついに当日。

19時開演なので18時半くらいに会場に到着。

整理番号順の入場はとっくに終わっていて中に入ると会場の半分くらいオーディエンスが居ました。

ところが、開演時間が近づくにつれてどんどん人が増えていき、開演時には恐らく会場の9割ぐらいになっていたように思います。

まずはセットリスト。

M1. 片思い
M2. MEDAMAYAKI
M3. あんまり素敵じゃない世界
M4. 明日のラストナイト
M5. フラッシュバック瞬き
M6. バベル
M7. アーティスト
M8. スリーフィンガー
M9. EXISTAR
M10. 夢先案内人
M11. 三年間
M12. パーフェクト・ワールド
M13. はぐれ雲けもの道ひとり旅
M14. 無題
M15. 狼青年
M16. STOP THE MUSIC
M17. 神様がいるなら
M18. R.I.P.
M19. マンドラゴラの花
M20. 蜘蛛の糸
M21. 僕らの輝き

Encore
En1. THE ROLE
En2. P.S.S.O.S.

W Encore
En3. コーデュロイ

。。。名曲しかないじゃないかwwww

ライブレポが音楽サイトにアップされているので、詳細はそちらでどうぞ。
http://popscene.jp/foundit/036176.html
http://realsound.jp/2017/05/post-12256.html

セトリはポップシーンさんから拝借させていただきました。ありがとうございます。

このブログはあくまでも個人的な感想を。

パーフェクトワールドはメンバーが一旦ステージを降りて弾き語りだったんですが、途中でいきなりモニターから音が出なくなるというトラブルが。

そんな事はおかまいなしにギターをかき鳴らし叫び続ける長澤知之。

会場は耳を澄まして聴き入っている。

こういうトラブルはまさにライブならではで、生音で聴ける幸せ感を満喫しました。

長澤くんが凄いなと思うのは、弾き語りでもバンドでも一つの曲がその良さを遺憾なく発揮するところなのだ。

私はこのバンドメンバーでやるマンドラゴラの花がもの凄く好きで、今回また聴ける事ができて本当に良かったです!
須藤さんのベースがめっっっっっっっっちゃカッコイイんですよww

もうね、バンドでやる時はずっとこのメンバーでやってほしいです。

こんなに素晴らしいライブなのに知名度の低さゆえか、はたまた特殊すぎるからなのか、あまりメジャーにならずにチケットが取りやすいというのはエゴ的ですがとてもありがたい事です。

BUMPみたいに売れすぎるとチケットが取れないという憂き目に遭うからね。。。

去年も長澤くんはALで活動してたけど、ALになると突然チケットが取れないという憂き目に晒された事は非常に辛かったです。

多くの人に知ってもらいたいと思いつつ、チケット難民になったら嫌だなという思いが交差するばかり。

ライブ好きにとってチケット問題は死活問題に近い問題ですw

話が脱線しましたが、またライブの感想の続きを。

アンコールの2曲目のPSSOSで、久しぶりに青のレスポールが登場!
あの青いレスポールは一度、ネックが折れて大変な事になった思い出のギター。
初期から使っているので、私にとっては青いレスポール=長澤知之というイメージが強いギターです。

久しくお目にかかってなかったので、心の中で思わず
「久しぶりだね(*´∀`*)」とご挨拶。

長澤知之というアーティストを初めて知ったのもPSSOSだったから締めくくりの曲としては完璧すぎて、メンバーが退場したあとも拍手でダブルアンコールを呼びかけるオーディエンス。

みんな最高だよ!!

それに応えて一人で登場した長澤くん。

弾き語りのコーデュロイで幕を閉じました。

最初から最後まで素晴らしい曲の数々、本当にありがとう。

この日は喉の調子も決して良くはなく苦しそうな場面も見受けられました。
喉は歌い手の命とも言えるから、大事にしてほしいです。

BUMPの藤くんも今の長澤くんの年齢の頃は喉の調子が安定してなかったから、年齢的に過渡期なのかも。

ここでしっかり鍛えると安定していくのかもしれない(と勝手に想像w)

いつまでも素晴らしいライブを私たちリスナーに届けてほしいと願うばかりです。

どうぞご自愛ください、と、アンケート用紙があったら書いている事でしょう。

何はともあれ、今回もまた素晴らしいライブでした。
いつも本当にありがとう。

Related Articles:

the pillows LOSTMAN GO TO CITY2015

最近めっきり忙しくなかなかライブ情報をチェックするヒマもない私の元へ、ディスクガレージのメルマガでthe pillowsの今年のツアーチケット情報が届きました。

対バンだとあまり行きたくないthe pillows。
さっそく公式サイトをチェックしたら久しぶりのワンマンツアーをやるというではないですかっっ!

しかも今年のライブ納めとなりそうな、最終公演は年末。

音楽好きの私にとっては12月に何かしらのライブに行かないと終わらないという伝統(?)があるので、もうこれは行くしかっっ!という事でディスクガレージの先行に申し込みました。

当たりますように。。。〔(/-o-)/〕

ツアーだっていうからてっきりニューアルバムでも出るのかと思いきや、そうではないみたいです。

the pillowsの「LOSTMAN GO TO CITY(ロストマンゴートゥシティ)というツアー名のライブは、マニアックな選曲でやるライブらしく、私もこのツアータイトルのライブには行ったことがありません。

こういうライブでやる曲って私好みの曲が多い事が多いから、今から激しく楽しみです!

まぁ何と言ってもあのクセだらけの3人に会えるのも凄く楽しみ♪

ライブはまだまだ先ですが、それを目標に頑張ろうと思えました。

私は豊洲に参戦ですが、今回のツアーが行われる場所は以下の通りです。

新潟、渋谷、仙台、札幌、名古屋、広島、福岡、大阪(難波)、東京(豊洲)

チケットぴあでもすでに先行が始まっています。行きたいかたはこちら
 ⇒ the pillows チケット情報
icon

一番新しいアルバム(ムーンダスト)を聞いてからまだライブに行ってないからとても楽しみです。

なんかもう今、告知があれば行きたいライブはBUMPとサザンと長澤知之とピロウズぐらいになってしまってて、なかなか行けないアーティストばかりで切ない限りです。

曲を作ってアルバム作るのって大変だもんね。。。みんなちゃんとしたアーティストだから仕方ないか。
何はともあれチケットが当たりますように><

行けた暁にはライブレポしたいと思いまふ。

Related Articles:

ピロウズ ライブ 赤坂BLITZ

[ピロウズ] ブログ村キーワード

昨日は超超久しぶりに
ピロウズのライブに行ってきました~!

さわおさんのソロライブぶりで
その前のピロウズのライブって
「いつ行ったっけっか。。。( ̄。 ̄;)」ってゆうぐらいなので
3人プラス鈴木さん(ベース)が揃っているのを見るのは
本当に久しぶりでした。

実はあまりよく分からないまま
25周年記念のドームシティホールに行けなかった勢いで
赤坂BLITZでライブやる、ってメールが来たので
チケットをとった次第で行ったライブでした。

どうやらこのライブはツアーの途中らしく
ムーンダストってゆうニューアルバムの
リリース記念のライブだったです。

こんな状態で行っているので
当然ニューアルバムの存在もライブで知ったとゆう。

それでもさすがはピロウズさん。

知らない曲があっても
もともと全部の曲を知ってるわけではないので
充分に楽しめました。

アルバムの表題曲のムーンダストは
さすがはさわおさん、とゆう
壮大さを感じさせる名曲です。

んで、さっそくAmazonでアルバムをチェック。

ムーンダスト (CD+DVD)
ムーンダスト (CD+DVD)

レビューによるとどうやらさわおさんは
ピロウズは脱オルタナを宣言しているらしく
ロックンロールでいく方向性とのこと。

確かに気持ちの良いロックンロールの曲が
ライブでも連発されてました。

ってか私ゃ
Peeちゃん(眞鍋さん)のギターって
ホント 好きだゎって痛感しましたよ。

なんつーかあの方のギタープレイって
思いっきり私のツボにはまるとゆうか。。。

ああ、久しぶりにぴーちゃんのギターが聴けてよかったです(*´ω`*)

アルバムもさっそく注文したので
その感想はまた後日(多分w)

さて、MCの様子をちょっとだけ。

メンバー紹介は
まずはベースの鈴木さんから。

今回のツアーのために体力を付けようって事で
ジムに通う事にしたそうです。

で、イタリア代表だったか、どっかの国の代表選手のジャージ上下を購入。

そのジャージ、未だに値札がついたままだとかw

ツアーが始まるとどうしても体重が増えるらしいので
ツアーの最終日には一回り小さくなっています!
って宣言。

どうやら健康診断で中性脂肪値が高かったそうです。

でもただの振りでしょ?とさわおさんからツッコミがw

「最終日にはさらにでかくなってるってオチでしょw」って。w

その後はドラムのしんちゃん。

「僕の場合は器を一回り小さくしていきます」
からの
「存在しなくなるじゃねぇかw」(さわお)とツッコミw

ごそごそと何かを取り出したと思ったら
サンタ帽を取り出して
「価格が均一の高級ショップで買いました」
から
「ただの100均じゃねぇかww」(さわお)

相変わらずコントが続きます。

「今日はクリスマス前って事で
プレゼントを持ってきました。」
「でも一つだけだから1名様限定、って事で」

そこで取り出したのが
ペヤングソース焼きそば!

私は知らなかったんですが
虫が混入していたとかで
現在は店頭に並んでいない状況なんだそうです。

自宅に1個だけあったペヤングを
わざわざ持ってきたそうで

そのペヤングは何故かさわおさんに渡されました。

かなり微妙な顔のさわおさん。

「でもさぁ、美味しいものにはどうしても虫って寄ってくるよね。
オレがよくいく定食屋も虫が時々チョロチョロしてるし」

とコメント。

それでもペヤングをじっと見つめて
悩ましげな顔をしてました。

さらに、さわおさんのMCが続きます。

今日の会場入りする前に自宅でミヤネ屋を見てたそうです。

今年の漢字を1文字で、ってゆうテーマが放送されてたそうで
さわおさん的には今年の漢字は

「嘘」

とゆう漢字だ、と。

某リケジョの話題とか
某作曲家の話題とかに触れつつ

某作曲家のあのゴーストライターの人は
「オレよりも3つも下なんだよねw」と。
(会場 爆笑w)

「そういえばこないだオレ、誕生日で
ファンの人からとかメッセをもらったんだよ。」
(もらったメッセに感謝してましたよ)

「で、その日、甥っ子からもメールが来て
おっ!と思ったら
『おじさん、ミスチルのチケット とって』ってメールだった」

(さらに会場爆笑)

「そのメールのあと、親からオレが誕生日だって聞いたらしくて
おめでとうってメールが来たけど
45歳、って間違ってたさ」

私は一瞬、あれ?間違い?
それくらいの年齢じゃなかったっけ?
って思ってさっき調べたら
46歳を迎えてました。

まぁ全然見えないですよね。
元気でなによりですょ。

とゆうか、さわおさんの髪型と服装が
andymori(元)の小山田荘平に見えて仕方なかったのは
ここだけの話。。。

歌ってるのは確かにさわおさんなんだけど
姿を見てると小山田荘平に見えるとゆう
不思議な感覚のライブでしたw

んで、話が戻って
さわおさんがPeeちゃんに
「今年の漢字、何?」
って振ったら

「今年の漢字じゃないんだけど」(Pee)といきなり話題を変える振りw

「違うんかい!ww」と突っ込まれつつ

「佐村河内のhiroshimaを聞いて感動した自分を
どうにかして欲しい」

で場内さらに爆笑。

MCはざっとこんな感じでした。

アンコールでは
さわおさんがなんとハンドマイクで熱唱とゆう
超珍しい場面が見られました。

Peeちゃんのギターもクリスマス仕様らしく
なんと青い電飾で飾られたフライングVで登場!
かなり盛り上がりを見せたアンコールでした。

この電飾フライングVは
この日が初披露って事で
いつまで見られるか分かりませんが
次回のライブも使うかもしれないですね。

ダブルアンコでは
メンバー全員、缶ビール片手に再登場。

さわおさんは缶ビールとさっきのペヤングを再度ステージに登場させて

「この組み合わせって大学生の一人暮らしみたいだよなぁ」

よほどペヤングが気に入ったらしく
ペヤングについてちょっと語ってましたw

アンコールの前に作って
食べながら登場しようかって思った、とか。。。w

「最近、二回目のアンコールはこんな風にダラダラくっちゃべりながらやるのが好きなんだよね」

と言葉通り、ホントにダラダラくっちゃべってました。

こんなアンコール、ピロウズぐらいしか無いですね。

自由感がハンパなく楽しい。

そう言えば本編でパープルアップルを演奏した後に
ディープパープルのスモークオンザウォーターのイントロが
演奏されました。

もともとパープルアップルを作った時に
さわおさんが
「この曲のタイトル、ディープパープルアップルにしようか」って
Peeちゃんに伝えたところ
それではあまりにもふざけすぎだろう、って言われて
パープルアップルにした、と言ってました。

でも今回、パープルアップルの後に
スモークオンザウォーターを演奏しようとゆう
Peeちゃんの発言に
さわおさんは
「どうゆう事?!」ってツッコミを入れたそうな。。。

んで、ダブルアンコで再度、スモークオンザウォーターを演奏
(ショートバージョンです)
それが終わってステージを去ろうとするメンバーに
会場からツッコミがww

最後の曲は ランナーズハイで終了でした。

やっぱり鉄板ソングで締めるあたり
さすがピロウズって感じです。

26年目を迎えただけあって
アンサンブルも完璧だし
演奏も歌も円熟しつつ
荒々しさは変わらないのがピロウズの魅力だなと感じました。

ツアーは3月のO-EASTまで続きます。
O-EASTとZepp Tokyoのチケットはソールドアウトしていますが
全国各地のチケットはまだ購入できますので
ピロウズ好きなかたはぜひ是非足を運んでみてください。

とっても充実できるライブですよ(o´∀`o)

今後の予定とチケット情報
 ⇒ the pillows アーティスト情報【チケットぴあ】

次回はさっそく購入したニューアルバム
MOONDUSTの感想とかを書こうと思います。
早く届いて欲し~!

私もダラダラと長文を書いてしまいました。
最後までお読みくださった方には感謝です。

ではではー。

画像は赤坂BLITZに来ていたお花。
ナック5とかM-ONとか
あとは親方(?)のエイベックスからも来てましたよん
(もう1社あったけど私には不明)

the pillows 赤坂BLITZ

Related Articles: