レピッシュ カルデラ 感想

caldera
caldera

またまた書くのがすっかり遅くなりました。

レピッシュの最新アルバム「カルデラ」の感想です。

もう私の中でレピッシュの曲はDNAに染みついているらしく、聴き始めたとたん細胞がテンション上がっているのが分かりました。

潜在意識にすり込まれたビートとゆうか。

部屋の中でヘッドフォンをして聴いているとゆうのに脳内はライブ会場にいるかのような抑揚感。

現ちゃんが実際には参加してない寂しさは相変わらずあるものの、歌詞カードに参加アーティストとしてクレジットされてるのはやはり現ちゃんは永遠にレピッシュの主要メンバーなんだなぁ。。。ととても感慨深いものがありました。

さて、曲の感想。

限定版についていたPV集の「ワダツミの木」。このPVは故・上田現のために発売されたトリビュートアルバム「Sirius~Tribute to UEDA GEN~」に収録されたマグミによるワダツミの木のPV。当時割とスペシャを見ていたのでこのPVはちょっと懐かしい感じでした。

本編CDのほうですが、どの曲も永遠に廃れない名曲だとゆうのが25年の時を経て証明されています。昔のファンも今のファンも聴くべし!といった内容。
ku・ma・mo・toもスタジオの様子がとても熱く伝わってきてて感動です。
レピッシュのリズムはすべて「祭り」に基づいているので、元気のない時とかに聴くとつまらないことに拘ってた自分に気づく、そんな感じ。

現ちゃんは向こうの世界でもやんちゃにキーボードを弾きまくってるのを想像する今日この頃w

画像はCDの帯。いつもCDケースに入れて保存しておくんですが、何故かこれはテーブルに放置してあったw たぶんライブ情報を見たかったのかも。。。

11月22日は渋谷AXでファイナルです。ぴあ見たらまだチケットあったよー(゜∀゜)行きたいなぁ。。。(悩

ぴあ⇒ レピッシュ
icon

当日券も出そうな気がするから当日まで考えることにします。

明日もライブなんだよね。。。 さすがに体力 orz 
しかもレピッシュライブ死亡フラグだしw いあ、死なないけどもw

とりあえずカルデラの感想、終わり。

であであー!

Related Articles:


コメントは受け付けていません。