長澤知之Ⅲ

[長澤知之] ブログ村キーワード

 

前回に続き、長澤知之のライブとニューアルバム
「長澤知之Ⅲ」について書いてきます。

長澤知之Ⅲ

 

こないだのライブはこのニューアルバムの曲も当然演奏したので
アルバムで曲を聴く時点で知ってる曲だったわけです。

特に
「いつものところで待ってるわ」は
ライブではけっこう定番?
何回も聴いているのでとても馴染みのある曲。

でも、やっぱり音源とライブは根本的に違うよな~ってゆう
音源には音源の良さがあるし
ライブには当然ライブの良さがあります。

でも音源を最初に聴いた時は

意外とオーソドックスな展開だな~

なんて思ったんですが
3曲目のバニラが終わった後
急に物音がして
あまりにもリアルな音すぎて
音源からだと気づくのに数秒の時間を要しました。

バニラの後の曲「犬の瞳」は
バイノーラルレコーディングとゆう
特殊な録音技術を使っているとの事で
急な物音もこのバイノーラルレコーディングによる音声のイントロになっていて
突然、音源の中の世界にスリップしたような状態になりました。

 

公式サイトの説明だと
この録音方法は

ダミーヘッドと呼ばれる、人間頭部模型の外耳口部分にマイクをセッティングするより、人間の聴感に非常に近い臨場感溢れるステレオ音声を録音する方式です。

との事。

 

臨場感ありすぎて
本当に耳元で長澤が歌っているような感じです。

 

同じバイノーラルレコーディングによる曲に
「いつものところで待ってるわ」があるんですが
この曲のライブのyoutube(公式)の音と比べると
やっぱりCDの音って鮮明で凄い!
と思わされました。

 

全9曲、30分ほどのアルバムですが
さすがは長澤知之。

キッチリと完成されたアルバムになってます。

でも作り込んでいる、とゆうよりも
ライブ感がとてもあるアルバムです。

聴けば聴くほど味が出てきて
ヘビロテしてもまったく飽きないクオリティ。

もう30歳になったとゆう長澤の
今後も更に楽しみです。

IN MY ROOMツアーも終わったので
ライブレポもしたいですが
ちょっと多忙なので
書けるかどうか微妙 ><

もう12月になるから
今年はライブにあまり行けなくてけっこう寂しかったな~。

来年は少しでも多く行けるようにがんばろうっと。

Related Articles:


コメントは受け付けていません。