長澤知之 Nagasa•Oneman8

 

このブログを更新する時は
すっかり長澤知之のライブに行った時だけになりつつある私です、
こんにちはw

 

さて、2月28日に恵比寿リキッドルームで行われた長澤くんのワンマンライブ

「Nagasa.Oneman8 Band Ver.」

へ行ってきました(≧∇≦)

ナガサワンマンも、もうとゆうか早くもとゆうか8回目のツアーだって事で
なんだかとても感慨深いものがあります。

今回は恵比寿リキッドルームって事で、前回のWWWみたいに迷わずにすんなり行けましたw

それにしても昨日のライブはなんだか凄く充実感がハンパなかったです。

なんつーか、Bandが育ったとゆうか、すごくプレイヤーの皆さんの演奏が
ライド感を出しまくっててメチャメチャ楽しかったです。

鉄板な演奏とゆうか。。。

んん、やっぱりこうゆうのを上手く表現するのってムズいですね。。。

個人的に初期のバンドメンバーに思い入れがけっこう強かったので
ようやくそれから解放された感じです。

特にリズム隊を重視する私としてはベースとドラムが息があってる感じだったし
ドラマーさんが今日はすごく際立ってて、多分私の中ではそれがより楽しさを感じられる要素だったと思います。

※※ バンドメンバー
Guitar:西川進
Bass:松田”FIRE”卓己
Drums:タナカジュン

 

さて、セトリですが、オフィスオーガスタの長澤知之モバイルページで紹介されるので、興味のある方はそちらをご覧ください。m(_ _)m

今回のワンマンもニューアルバム「黄金の在処」の曲はもちろんやりましたが、全体的に新旧問わず演奏された感じです。

前回のワンマンが2012年の10月だった事もあり、久しぶりに長澤くんの音楽にどっぷり浸かれた感がありました。

「こんなにいっぱい曲が聴けるの、なんか久しぶりだゎ~(´∀`=)」って感じ。

どの曲もとにかく秀逸だし、何度聴いても楽しいってのがファンを魅了して離さない理由かなぁ、などと2007年から聴いている私としてはなんだか凄く感慨深いものがあります。

 

今回、凄くレアだったのが、ギターを持たずに歌った曲があったことです。

「ハレルヤ」とゆう黄金の在処に収録されている曲は長澤くんはヴォーカルオンリーでの演奏でした。

直前のMCで、この曲は酔っ払いまくって書いた曲です、との説明。

酔った状態であんな曲が書ける事に、やっぱ尋常じゃない才能を感じずにはいられません。

それと、今回のライブは、アコギを使う頻度が多かったです。

そのせいか、アレンジもいつもと違った感じで音に幅が出てるとゆうか、まぁとにかく今回のワンマンはなんだかいつもと違った感じで、いつも以上に良かった気がしてます。

聴きたてほやほやだからそう思うのかも。。。?w

ダブルアンコにも登場してくれて、最後だけ弾き語りでの

「僕らの輝き」。

この曲はもう私の中では珠玉の名曲なので、リアルに何度聴いても胸がこみ上げます。

およそ2時間半弱のライブでしたが、長澤くんの声の調子も前回のライド7に引き続きやっぱり良くて、やっぱりボイトレとかしているのかな~なんて思いました。

お酒が好きだと喉ってやられやすいらしいですが、今の感じだったらホントに安定してて曲に酔いしれる事ができて素晴らしい限りです。

 

そして今後の活動ですが4月からちょっとした企画イベントを行うそうです。

そのイベントは、公式サイトでもすでに告知されていますが、長澤くんが自分の部屋にご招待する的なライブをやりたい、って事で、青山にある「月見ル君想フ」とゆうライブハウスで4月から6月まで月一ライブを行うそうです。

ソファーなんかも置いて、かなり部屋っぽい感じで聴けるみたいなので、チケットが取れたらかなり濃いぃ時間を過ごせそうなイベントです。

徹子の部屋、ならぬ 知之の部屋、って感じ。。?ww

このライブの詳細は公式HPでチェックしてみてください。

 

それと、ニューリリースされたビデオクリップ集のお知らせもありました。

会場先行で発売されていたDVDですが、もうAmazonで販売してます。

Amazon ⇒ FILMS [DVD]

デビュー曲から最新の映像MV(フラッシュバック瞬き)まで、長澤知之の歴史が分かるMV集です。

 

とりまこんな感じの感想ですが、感動はかなりハンパない状態で寝付けずにいます。(今午前3時w)

長澤くんもツアー終了って事でお酒飲みまくってる事でしょう。

お疲れ様でした、そしていつも素晴らしい音楽と空間のシェア、ありがとう。

当分の間は今のバンドメンバーでやって欲しいとつぶやいて終わります。

ではではー。

 

Related Articles:


コメントは受け付けていません。