Nagasa・Oneman7 Band Ver.@新宿BLAZE

今日、2012/10/08、ミニアルバム「SEVEN」を引っさげての長澤知之のツアーが無事終了しました。

。。。って、関係者じゃないから、終わったとかあまり関係ないかw

また忘れてしまうので忘れないうちに簡単にレポします。

セトリは確か公式のモビトモでチェックできると思います。

 

さて、レポです。アンコール編。本編はまた今度書きます。

今日はアンコールの1曲目に長澤一人だけ登場。弾き語りでマンドラゴラの花を演奏。

マンドラゴラの花って何度聞いてもいつも違う風に聴こえるんですよねぇ。。。

あの曲を神がかっていると思うのは私だけなんでしょうか。

「素晴らしい」の一言につきます。

その後、SEVENのレコーディングに参加し、「幸せへの片思い」にもクレジットされている益子樹さんがステージに登場。

楽器に詳しくないので良く分からないんですが、シンセ?みたいな小型のキーボードで長澤のアコギとセッション。曲はもちろん「幸せへの片思い」、それと「かすみ草」。

音楽に酔いしれた瞬間でした。。。

あのほわほわ感がなんともたまらなかったです。(*´ェ`*)

で、益子さんはそこで退場。再度長澤の弾き語りで「俺はグビ」。アコギの定番になってる感じで聞き慣れているしノリが良いから私も好きです。(全部好きですけど、ね。w)

 

その4曲が終了すると益子さんは退場し、今度はキーボードを演奏していた、オトナモードとゆうバンドから参加していた「けんちゃん(だったかな。。。忘れました、スミマセン(^_^;))」が登場。

そう、今日のライブは5人体制だったんです。5人でバンドのライブをやるのを見たのは初めてです。

ドラムになんと秋山さんが復帰してまして、やっぱりドラムは要だなぁと感じたんですが、以前は須藤さんがPCで音を鳴らしていた部分をキーボードのサポートを入れることで再現している感じでした。

個人的にはキーボードが入ったバンドが大好きなのでとても良かったです。

アルバムの曲の完成度が高いからライブで再現するのが大変な曲ばかりですが、新しいメンバーでも凄く良かったです。

 

で、話が逸れましたが、今度はそのケンちゃん(仮)と名曲「コーデュロイ」。

ライブではあまりやらないイメージの曲です。この曲は「ペーパースター」とゆうアルバムに入ってまして、初めてあのアルバムを聴いた時に一番気に入った曲でした。思い入れがあるので聞けて良かったです。

で、ラストに「バベル」。

圧巻のなか終了かと思いきや、長澤がギターの人になんとも甘えた(?)顔で「も一回やらせて?」とお願い。なになにどーした、といった感じで場内ザワザワ。

なんと、歌詞を間違えたとかで(!)どうしてももう一回やりたいと。

驚きのバベル二連発に会場は歓喜の悲鳴が。

聞いてる私はどこが間違ったのか分からないし、むしろいつも間違えてるから、演奏し直したいってのはよっぽど心残りになるから、ってことなんだろうなー。

聞いてる側としてはそのこだわりも嬉しいです。

今日も素晴らしい音楽をありがとう、長澤。

 

次回は本編のレポをお届けします。ではではー!

 

 

長澤知之アーティスト情報|チケットぴあicon

関連商品一覧:長澤知之

Related Articles:


コメントは受け付けていません。